2012年3月18日 (日)

不便であることがコミュニケーション

塩田千春さんの「私たちの行方」展を観に猪熊弦一郎現代美術館に行った。
会期初日の今日はアーティストトークがあり、作家本人に会うことが出来た。
そのレクチャーの中で印象に残った話を記したいと思う。

2010年に開催された瀬戸内芸術祭での出展作品
「遠い記憶」の制作について話していた時のこと。
この作品は瀬戸内にある豊島という小さな島で制作された。
その島での制作において、スタッフからこんなことをいわれたらしい。
○島の人と出会ったら挨拶をしてください。
○島の人にお金を渡すのはやめてください。
この二つに気をつければ大丈夫ですとのことだった。

例えば制作に使う釘が無くなった時、
船に乗って高松まで買いに行かなければいけない。
港に行くまでにもバスに乗らなければいけない。
でもそのバスや船は一日に数便しか出ていない。
簡単にいってしまえば不便なことだけど、
その不便さの中にコミュニケーションが生まれるといっていた。

普段から挨拶をして町の人と会話をしていれば
困った時に助けになってくれる。
釘が足りなくなってしまった時に、
もしかしたら持ってる釘を分けてくれるかもしれないし
港まで車を走らせてくれるかもしれない。
そんなやり取りが人と人を繋ぎ大切なことを教えてくれるのだ。
便利さから生まれるものでもお金から生まれるものでもない。
人情の中にあるものだ。

都会であれば、欲しいものは何でもすぐに手に入るけれど
大切な何か、人間の本質的なものが欠落している。
それが現代の日本のスタイルだ。

そんな問題提起がこの島の話の中には込められていたように感じた。

| | コメント (0)

2012年3月 3日 (土)

みえるもの/みえないもの

豊田市美術館で開催中の展覧会「みえるもの/みえないもの」を観に行った。

好きな作家がたくさん出展していたのでどれも興味深かったが
中でも一番印象に残ったのは、ソフィ・カルの「盲目の人々」だ。

それは、生まれつき目の見えない人に会い、
「あなたにとって美しいものとは何ですか?」と質問する。
展示は、回答者のポートレートとその答えのテキスト、
さらにその答えをソフィカルがスナップショットで撮影し、
写真にして見せるというものだった。

返ってきた答えは
海。緑。アランドロン。
毛皮。ロダンの彫刻。彼の筋肉。etc…

その中の一人の答えに心が止まった。
「私の家は美しい。全部ひとりで選んで飾りつけました。
 寝室の天井は青にしたいと思いました。くつろいだ、温かい色だから。」

青を温かい色だと答えていたことにショックを受けた。
青は寒色系の色。つまり冷たい色であるはずなのに、
その人にとっては温かい色だった。

美しいものとは何だろう?

盲目の人にとって美しさをはかるものは、
人から聞いた情報や肌で触った感触、
そしてそれらを想像することの中から生まれるイメージ。

美しいものとは人それぞれまったく違うということだ。
また、それは目が見える人にとってもあてはまることではないだろうか。

美しいものとは、目に見えるもの(見ているもの)ではなく
心の中で美しいと認識することから生まれるものなのかも知れない。
想像すること、感じることから生まれるものなのかも知れない。

美とは、カタチのないもの。
つまり概念をビジュアル化しているのだ。

見えるもの/見えないもの

この企画展に、なくてはならない作品だと思う。

| | コメント (0)

2012年2月25日 (土)

永遠の永遠の永遠

国立国際美術館で開催中の草間彌生展に行った。

力強く描かれた線とマル。
目のない横顔に、目だけの反復。
増殖していく世界。
見ること。見られていることへの欲望。

これはきっと生命の爆発なのだ。

彼女の世界に触れて感じたのは「生きざま」かも知れない。
信念を持って生きていくこということ。

では何を信念として生きていくか。
家族。宗教。お金。ステータス。etc…
いろんな生き方があるけれど、
彼女は生きることの全てを芸術にささげている。
美術を愛し、自分の世界を愛し、
ただひたすらに、真っすぐに生きていく。

かっこよすぎて泣きそうだ。

_0299


| | コメント (0)

2012年2月13日 (月)

引き出し展の会場風景です

引き出し展が無事に終了しました。
ご来場いただいた皆様、どうもありがとうございました。

今回は通常の壁面展示以外に
引き出し(キャビネット)でも何かを見せるという企画でした。
どんなカタチを作るかとても迷いましたが
手を動かし、想像を膨らませながらの制作は楽しい時間でした。

展示は一週間で終了しましたが
引き出しの中は8月までミニポートフォリオの販売をしています。
ご興味のある方はぜひギャラリーへお越し下さい。

どうもありがとうございました。

1_0140_2


1_7287_3


1_0074


1_0197_2


1_7301


1_0110_2

| | コメント (0)

2012年1月25日 (水)

冬の引き出し展

下記のグループ展にシリーズ「algae」を出展します。

今回はギャラリーの壁面展示にあわせて
A4サイズ程の書類が入る引き出しの中にも何かが入っています。
その中身は作家によってさまざま。

さあ何が入っているでしょうか?!
お楽しみは会場で!!!

寒い毎日ですが、暖かくして是非ご来場下さい。

冬の引き出し展
会期:2012年2月6日[月] - 2月11日[土・祝]
   12:00~19:00 (*最終日16時まで)
   *クロージングパーティーが最終日16:00~17:00にあります。
会場:Port Gallery T

2_0002_2
※水色の引き出しが私のお家です。

| | コメント (0)

2011年10月 1日 (土)

CAMERA MARKETの会場風景です

京都LOFTで開催していたCAMERA MARKET2011が無事に終了しました。
ご来場いただいた皆様、どうもありがとうございました。

商業施設での展示は沢山の商品に囲まれるため
ギャラリーとは違った雰囲気になりますが
いろんな方に見ていただけるいい機会になったと思います。

作品が誰かの目に止まり
その人の心を一時でも潤すことが出来たら嬉しいです。
これからも活動を続けていきたいと思っています。

どうもありがとうございました。


_mg_4613


_mg_4632


_mg_4638


_mg_4647_6


_mg_4650


_mg_4660_3
撮影:大前裕則


| | コメント (0)

2011年8月16日 (火)

CAMERA MARKET 2011に出展します!

京都ロフトで開催されるCAMERA MARKETというイベントに
シリーズ「algae」を出展します。

今回は尼崎にあるビンテージカメラ&アメリカ雑貨の専門店
on and on」さんと一緒に出展します。
レザーストラップやインスタントカラーフィルムの販売、
ストラップ制作のワークショップも開催される予定です。

トイカメラや可愛いカメラストラップを探し中の方、
春の個展に行けなかったー!という方、
個展は観に行ったけどもう一度ゆっくり見たい方、
などなど
みなさま是非お越し下さい。

期間:9月8日(木)〜9月27日(火)
時間:11:00〜21:00
場所:京都ロフト 1階

| | コメント (0)

2011年4月17日 (日)

会場風景です。

今回はエントランスを入ってすぐにあるギャラリー空間で新作「algae」を展示し
奥にあるカフェ空間では前作「fish」を展示しました。

どちらも水の中の世界という点で共通していますが、
「fish」では水槽という小さな空間を覗き見ることで見つけた世界。
そして「algae」では自らが海の中に入り、まるで何かから解き放たれたような、
自分が魚になったような思いで見つけた世界です。


1_mg_4567_2


2_mg_4499


4_mg_44661

3_mg_44581_2


5_mg_4496

6_mg_45111


7_mg_4520

8_mg_4590_2
撮影:大前裕則


| | コメント (0)

2011年4月 3日 (日)

ご来場ありがとうございました。

木村幸子 写真展「algae」は無事に会期を終えました。

震災後という大変な時期にも関わらず
ご来場下さった皆様、どうもありがとうございました。

今回は海の中で海藻を撮ったシリーズですが、
DMイメージが雪景色だと思われていた方が数名いて面白かったです。

作品は発表した時点で一人歩きを始めます。
見方も感じ方もさまざまですが、そこから広がっていく世界が
誰かの心の中でいい変化を重ねていってくれることを願っています。

そして作品をご購入下さった方、
改めてありがとうございます。

作品を購入して下さるというのは
そのイメージを気に入ってくれたということはもちろん、
作家を応援してくれているという思いもあると思っています。
なので今回はその思いを、作品代から必要経費を除いた金額を
義援金という形にかえて被災地の方へ届けたいと思っています。
どうもありがとうございました。

今後はゴールデンウィーク後を目処に、
HPでも「algae」のページを作成する予定です。
お時間ある方はぜひご覧下さい。

_5873_3

| | コメント (0)

2011年3月21日 (月)

個展スタート

今日から個展が始まりました。
雨が降ったり止んだりとお天気はぐずついていましたが
たくさんの人が来てくれて、スタートはまずまず。
ご来場いただいた皆様どうもありがとうございました。

_5799_2


今回の会場はギャラリーとカフェと本屋が一緒になったスペースです。
calo bookshop and cafe
とてもマニアックな本やかわいい雑貨が揃っています。
そしてカフェのメニューの一つにあるインドカレーがとっても美味しいです。
玄米と一緒に食べるんですが相性抜群!
一度食べるとハマります。(あくまで個人的な意見です。笑)
_5808


作品鑑賞と合わせて、ぜひこのカフェ&ショップ空間も楽しんで下さい。
ちなみに私は3/25(金)18時〜、3/26(土)終日、在廊予定です。(その他は未定。)

一人でも多くの方のご来場をお待ちしています。


| | コメント (0)

その他のカテゴリー

おすすめの言葉 | おでかけ | 展覧会 | 復興応援